英語で政治経済を勉強しよう 8月12日

By 与謝野信, 2020年8月12日

 本日はIMFBlogよりJiro Honda氏と Hiroaki Miyamoto氏による8月7日にCHART OF THE WEEK(今週のチャート)というセクションで投稿された

Aging Economies May Benefit Less from Fiscal Stimulus

高齢化社会では財政出動の効果が薄くなるかもしれない

を取り上げます。

 コロナ禍に立ち向かうため各国で積極的な財政出動がおこなわれていますが、IMFのワーキングペーパーによると、財政出動の効果は国の年齢分布により変わってくるということです。

Would Population Aging Change the Output Effects of Fiscal Policy?

本日取り上げる文章はその論文の一部内容を図とともに紹介するものです。

英文の読解難易度と解説

 タイトル含めて536語で、論文のサマリーなので解りやすい文章です。全5段落と3つの政策的示唆から成り立っています。

  • 第1段落 財政政策と高齢化についての一般論
  • 第2段落 レポートと図の説明
  • 第3段落 高齢化社会における低い財政出動効果の理由
  • 第4段落 今後の各国おける政策的影響
  • 第5段落 3つの政策的含意

 高齢化が進む日本において財政政策の効果が以前より下がっているというのは、金利がこれ以上下げられない中では非常にやっかいな問題です。

 非常に気になるのでワーキングペーパーを読んでみたくなります。興味を引き立てるという意味でこのサマリーは非常によいと思います。

=====================

オンラインサロン「氷河期世代のための英語塾」

氷河期世代や現役の学生で

「仕事や就活に役立つ英語」を学びたい!

でも金銭的にあまり余裕がない

という人向けに極力低額に抑えたオンラインサロンを開きます。

料金は現在無料期間30日、以降200円/月に設定しております。

英語力を上げて希望の仕事に就きたいというかたはぜひ申し込んでみてください。


What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebookコメント