英語で政治経済を勉強しよう 8月5日

By 与謝野信, 2020年8月5日

最近のCancelの意味は?cancel cultureってなに?

 本日はBBCの英語勉強サイトThe English We Speakから8月3日に投稿された ”Cancelled” のエピソードを題材にしてみましょう。

 このcancel cultureはなかなか難しい問題で言論の自由とも関わる話で、以前にこのブログで紹介したHARPER’S MAGAZINE への書簡などにも関わってきます。(参照ブログ記事

難易度

 二人の会話の長さは2分27秒、文字起こししたテキストは400語弱です。

 英語を学ぶ人のための中級のレベルです。

 いつものネイティブ向けの普通のブログや記事だと難解な表現や単語が出てきて、辞書で調べればいいのですが正直読むのが大変です。バランスよく英語学習向けの教材も取り入れることが良いと思います。

解説

 音声の動画もあり、わかりにくい表現も避けていますので特に読解に問題はないと思います。

 分からない単語は辞書で確認しましょう。動画内の英語の発音がイギリス英語なので慣れてないと違和感があるかもしれません。

 とにかくCancelの最近の使い方とcancel cultureの意味を理解することが全てです。この二つの意味を説明している部分の文章は分からない単語などしっかり調べましょう。

=====================

オンラインサロン「氷河期世代のための英語塾」

氷河期世代や現役の学生で

「仕事や就活に役立つ英語」を学びたい!

でも金銭的にあまり余裕がない

という人向けに極力低額に抑えたオンラインサロンを開きます。

料金は現在無料期間30日、以降200円/月に設定しております。

英語力を上げて希望の仕事に就きたいというかたはぜひ申し込んでみてください。


What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebookコメント