英語で政治経済を勉強しよう (7月25日)

By 与謝野信, 2020年7月25日

 本日のテキストはアメリカCNBCのサイトに7月24日に投稿された金価格に関するニュースです。

Gold surges to record close as U.S.-China tensions escalate and coronavirus concerns rise 

(米中間の緊張の高まりとコロナ禍への懸念をうけて金価格は最高値へ急騰)

難易度

 タイトル含めて336語と読みやすい長さです。典型的な金融記事のスタイルの英文です。証券会社では若手がこの手のニュースを朝にまとめて発表したりしていました。金融英語と数字の説明が独特ですがすぐに慣れます。

 このような市場レポートを英語で書かなければいけないケースでは、この文章のような王道の市場レポートスタイルを踏襲しましょう。

基本は市場の変動と変動要因の説明です。

  1. 価格が上がった下がった、(米中対立などの)要因のキーワード
  2. 価格の変動を数値で説明
  3. 変動要因の説明
  4. ファンドマネージャー・エコノミストのコメント
  5. 上記のコメントが網羅していないニュースを追加する

このスタイルを覚えれば「英文の市況レポート」というハードルの高い文章が書けてしまいます!ぜひ参考にしてください。

さて、英語では「上がった、下がった」などの単語は繰り返さないようにするので、同じ意味に違う単語をわざわざ充てます。本文の中で使われていた「上がる」に関する単語を見てみましょう。

to surge急騰する
to escalate激化する
to rise上昇する
sixth straight day of gains6日続伸
a seven-week winning streak7週連続上昇
best-performing assets最もパフォーマンスの良かった資産
to lift引き上げる
to be supported支えられる
negative correlation負の相関
gain上昇

ちなみに to rise が一番多く使われていました。

negative correlation は負の相関という意味です。金価格が実質金利とドルに対して負の相関関係にあり、ドル価格が下がっていることが金の価格上昇要因との説明です。

どうでしたか?ぜひ金融ニュースの英文読解にチャレンジしてみてください。

オンラインサロン「氷河期世代のための英語塾」

氷河期世代や現役の学生で

「仕事や就活に役立つ英語」を学びたい!😄🧐😁

でも金銭的にあまり余裕がない😫😫

という人向けに極力低額に抑えたオンラインサロンを開きます。

料金は現在無料期間30日、以降200円/月に設定しております。

英語力を上げて希望の仕事に就きたいというかたはぜひ申し込んでみてください。


What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Facebookコメント